林艮的写真機迷鑑(1)minolta XD-s
雨の日のつれづれに,「林艮的写真機迷鑑」
その1は,minolta XD-sであります。
d0123171_0435974.jpg


XDは,世界初の絞り・シャッタースピード両優先AE一眼レフ(1977年発売)。
それまでは,キヤノン・コニカのシャッタースピード優先陣営と,
その他の絞り優先陣営が鎬を削っていたのだが,
その闘いを一気に終結させたのが,XD。
(ちなみに,世界初のプログラムAE搭載一眼レフは,翌1978年発売のCanon A-1)
d0123171_0212687.jpg


明るくなおかつピントの山がつかみ易いスクリーン「アキュートマット」を採用。
巻き上げのスムーズさにも定評があった。
ライツ社との提携により,ライカR4以降のベースにもなった。

XD-sはそのXDに,
これまた世界初の,連続視度調節機構を搭載したもの。
d0123171_0222543.jpg


両優先も視度調節も,今となっては当たり前だけれど。

Carl Zeiss Makro-Planar 60mm F2.8C,
Canon EOS50D.
by lin_gon | 2010-03-08 00:27 | Planar


<< 春の夜の雪 薄桃色の梅 >>