フードの話
風邪をもらってしまったらしい。
もらえる物は何でも喜んでいただくが,
風邪だけはいただけない・・・が,もらってしまったものは仕方ない。
今日は家でおとなしくしているしかなさそうだ。

ヒマなので,レンズフードの話でもひとつ。

  ◇  ◇  ◇

プロテクトフィルターが好きではない。
硝子は1枚でも少ない方が,クリアな写真が撮れそうな気がするから。
(あくまで気のせいだけど)

その代わり,不用意にレンズの前玉に触ったり傷をつけたりしないように,
(それと,見かけのかっこよさのために^^)
前玉のひっこんだマクロレンズ以外は,レンズフードを常用している。

フレアやハレーション防止のためではない,というのがミソ。
だってほとんど気にしないから^^;

そういうわけで我が家には,レンズと同じぐらいの数のフードが転がっているのだが,
中でもカタチを気に入っているのが,
OM ZUIKO28/3.5用のラッパ型と,TAKUMAR28/3.5用の角型。
d0123171_11453612.jpg
フードは見た目が90%なのであります^^


ところで,
フードはねじ込み式金属製に限る。
ゴム製のは前玉を守ってはくれないし,プラスチック製のは質感が気に入らない。
バヨネット式は専用だから使い回しがきかない。

ただ,ねじ込みメタルフードを現行で売っているのは,ニコンとコシナ・フォクトレンダーぐらい。
だから,中古屋さんのジャンク・コーナーを漁る以外は,そのどちらかを買い求めるしかない。

ニコンのねじ込み式フードは,型番名が「HN」で始まる。
(「フード・ねじこみ」・・・わかりやすいけど,意外に安直なネーミング^^;)
使い勝手がいいのは,

HN-1 24mm用
HN-2 28mm用
HN-3 35mm用

というあたり。フィルター径はいずれも52mm。
フィルター径が合わない場合は,ステップアップ(またはダウン)リングで調整する。
(フィルター径が55mm以上のレンズで,ステップダウンリングをつけるとケられそうなときは,他をあたるしかない)
標準域はニコンにいいのがないが,
最近出たフォクトレンダー・ノクトン58mm用LH-58(フィルター径も58mm)が,なかなかよいので助かる。
望遠は,だいたい専用のフードがあるので問題ない。

ちなみに,ねじ込み式だとフードはつけっ放しとなる。
となるとレンズキャップが問題。
円周部分にしかスナップがないキャップだと,非常につけにくいのである。

ところがニコンのレンズキャップは,真ん中近くをつまめるので,
フードをつけたまま楽につけ外しができる。
(タムロンのキャップも同じデザイン)
d0123171_12251561.jpg

かようにして我が家のレンズの大部分は,
まるでニコン製であるかのような顔をしているのである。
by lin_gon | 2008-03-04 12:33


<< M645×Velvia 100 紅梅 >>