天狗岳,そして・・・
閑話休題,北八ヶ岳の話に戻して・・・

黒百合ヒュッテに泊まった翌朝。
天気予報は曇りのち雨。
外へ出てみると,雲はあるものの高曇りで,悪くない。

最悪の場合はまっすぐ渋の湯へ下りようかと思っていたが,
とりあえず天狗岳に登ることにする。
昨日はほとんど樹林帯歩きだったので,木のない尾根を歩きたかったし。
d0123171_236730.jpg
中山峠付近の朝。


d0123171_2362975.jpg
天狗を望む。左が東天狗,右が西天狗。


d0123171_2364739.jpg
左のテーブルマウンテンみたいなのの天辺,白っぽいのが,にゅう。


d0123171_237617.jpg
東側は,黄葉のだんだら模様。


d0123171_2373782.jpg
1時間ほどで天狗の山頂に到着。標識のすぐ右,遠くに槍穂が見える。


d0123171_2375733.jpg
南には,硫黄岳。天気がよければ,硫黄から美濃戸へ下りたかったんだが・・・

山頂は風が冷たく,
雲もだんだん下りてきている模様だったので,
素直に引き返して渋の湯へ向かうことにした。


ところで。
私は熊ではないが,熊よけの鈴の甲高い音が苦手である。
けれど最近,静かな山では熊が出そうで怖い。
(奥多摩に住む登山家の山野井さんも襲われたし)

背に腹はかえられない。ひとつ買っておかねば。
と思うのだが,いつも山に行ってからそれを思い出すので,
鈴を持ってはいなかった。

それがたまたま,夕べの黒百合ヒュッテの売店で見つけたので,
買っておいたのである。
そしてその鈴をザックにつけて鳴らしながら歩いていると,

遇ってしまったのである。熊さんに。

登山道の脇の樹林帯の中,20mほど先に,彼(または彼女)はいた。
木の幹に立ち上がって餌をあさっている。
身長は,人間の大人と変わらない。
ツキノワグマにしては,大きい方ではなかろうか。

固まってしまった。

しばらく待っていると,悠然と去って行った。
鈴に効果があったかどうかは知らないが,
やっぱ,いるんだなあ・・・

ああ,怖かった^^;
(広角しか持ってなかったので,写真はありませぬ・・・望遠を持って行けばよかった^^ゞ)


RICOH GR DIGITAL
by lin_gon | 2008-10-18 03:12 | Ricoh


<< 紅葉もとめて奥武蔵 告白 >>